15~34歳女性の約半数が女性誌を3カ月に1冊以上購入(DNP/エムズ)

2010年12月13日13:11

大日本印刷(DNP)とポイントサービスなどのコンサルティングを行うエムズコミュニケイトは12月13日、TVやインターネットなどの他メディアと比較した際の女性誌の持つ媒体特性や、女性誌購読者の掲載広告に対する意識・態度、購読者と非購読者のライフスタイル・価値観の違いなどについての調査結果を発表した。

同調査の方法はインターネット(PCおよび携帯)によるアンケート調査で、調査対象15~34歳女性4,000名。調査時期は3月となっている。

同調査によると15~34歳女性の約半数が、女性誌を3カ月に1冊以上購入しており、購読者はTVやインターネットなどの他メディアと比較して、女性誌は「掲載商品のイメージがよくなる」「ライフスタイルへ影響を与える」媒体であると考えている。また、購読者は女性誌を購入しない非購読者層(書店などでの閲読者も含む)に比べ、ファッション、化粧品、外食・グルメ、旅行、金融・保険商品、乗用車など、多様な商品・サービスに関心が高く、消費行動も活発である結果となった。

さらに、購読者は非購読者に比べ、「1カ月に使う金額が、ファッション、化粧品で約2倍、バッグ・靴、ジュエリー・アクセサリーにおいては2倍以上であり、これらの商品群において購買意欲が強い」、「PC及び携帯のインターネット利用時間がやや少ないが、1カ月に使うネットショッピング金額は多い」結果も明らかになった。

DNPとエムズは、広告主が女性誌への広告出稿を検討するための資料として、今回の調査結果の一部をレポート化し提供する。また、今後も同様の調査を実施し、最新の結果を反映させた媒体資料の作成サービスを行うという。

page toppagetop