スマートフォン対応の新技術を活用したFeliCaリーダを販売(BUG)

2011年2月23日12:47

ビー・ユー・ジー(BUG)は2011年2月23日、来店ポイントサービスをはじめとするBUGモバイル販促ソリューションにおいて、スマートフォン対応の新技術「スマート・サウンド・タッチ(SST)」を開発し、同技術に対応したモバイル販促用FeliCaリーダ「ピットタッチ・ミニS」とネットワーク対応非接触ICリーダライタ「ピットタッチ・プロ」の提供を4月から順次開始すると発表した。

スマート・サウンド・タッチのロゴ

 現在、携帯電話を活用したモバイルマーケティングには、FeliCa方式に対応したおサイフケータイが活用されている。BUGは、おサイフケータイを活用したサービスを「ピットタッチ」シリーズで展開している。しかし最近、FeliCaを搭載していないスマートフォンの利用者が増えており、タッチ方式のモバイルマーケティングが提供できない、といった課題が出てきたという。そこでBUGはスマートフォンにも対応するSSTを開発。スマートフォンに対してもFeliCa搭載携帯電話と同様のサービスが提供できるようになった。

SSTは、FeliCaを搭載していないスマートフォンをSST対応のリーダーにタッチすることで、各種パラメータを含んだ一意的な情報を音声に乗せて通知する機能である。専用アプリケーションを起動したスマートフォンがその音声を検知し、接続先にアクセスすることでおサイフケータイで実現していた来店時の付加サービス(来店ポイントサービスなど)が実現できるようになるという。

page toppagetop