シダックスに共同購入型クーポンASPサービス「店PON」を提供(テックファーム)

2011年7月4日14:33

テックファームは、シダックス・コミュニティーに、テックファーム開発の共同購入型クーポンASP サービス「店PON(てんぽん)」を提供し、2011年7月4日からシダックス・コミュニティーが運営するレストランカラオケ・シダックス36店で、法人向けサービス「SHIDAXPARTNERSHIP」の会員向けに運用を開始した。同サービスは順次、全国301店へと拡大する予定だ。

「店PON」運用全体イメージ。月額1店舗1万円で導入できるが、クレジットカード決済代行事業者との契約は別途必要となる(出典:テックファームのプレスリリース)

シダックス・コミュニティーは、持株会社であるシダックスの子会社で、カラオケをベースとしたアミューズメント事業を展開している。今回、レストランカラオケ・シダックスの既存会員の来店率アップと新規会員の獲得施策として、テックファーム開発の共同購入型クーポンASPサービスである店PONの導入を決定したという。

第一弾として、SHIDAXPARTNERSHIPの会員限定クーポン発行を中心に運用し、法人会員サービスの充実による店舗への来店促進を図る。シダックス・コミュニティーでは今後、一般会員へのサービス拡大も予定している。

店PONは、共同購入やクーポン発行、タイムセールなどを自社および自店のサイト上で実施できるASP サービスで、実店舗への来店促進を目的としている。発行者側でクーポンを管理できるため、顧客の来店が少ない時間帯にクーポンを発行して集客を図るなど、来客状況に応じたタイムリーな施策が行えるという。また、ソーシャルメディアのtwitterやFacebookと連携しているため、口コミでクーポンへの話題を集めて集客・新規会員獲得につなげることも可能だ。

店PONは、小規模事業者や多店舗・複数ブランドを展開する企業向けに開発したもので、初期費用や成果報酬費用がかからず月額1万円(1店舗)で導入することができるという。

page toppagetop