電子チラシポータルサイト「Shufoo!」でTポイントを導入(凸版印刷/CCC)

2011年7月27日16:37

凸版印刷と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、2011年7月27日、凸版印刷が運営する電子チラシポータルサイト「Shufoo!(シュフー)」において、CCCが運営する共通ポイントサービス「Tポイント」を導入する業務提携契約を締結したと発表した。

凸版印刷は2001年8月にShufoo!を立ち上げ、10周年目となる現在では、日本最大級の電子チラシポータルサイトへと成長している。一方、CCC が運営するTポイントは、T会員数3,757万人、提携企業70社3万5,000店舗にのぼり、日本最大級の共通ポイントサービスとなっている。

凸版印刷とCCCは、今回の業務提携によりまずはTポイントとShufoo!の相互活性化を図る。さらに今後は新規広告・クーポンなどの新たな広告商品の開発の実現について検討し、Shufoo!を通じてリアル店舗へ送客するO2O(Online To Offline)のプラットフォームを共同で構築することで、T会員の利便性のさらなる向上、相互の事業の発展および競争力強化、相互送客効果の拡大を図るという。

凸版印刷では9月6日から、Shufoo!へTポイントサービスを導入。Shufoo!ユーザーID とT-ID(T ログインID)のID連携を行った人は、Shufoo!の対象サービスを利用すると、サービス内容に応じてTポイントを貯めることができる。具体的には、Shufoo!の新規会員登録で5ポイント以上、チラシ閲覧1回あたり1ポイント以上、広告を1クリックすると1ポイント以上の付与を行う。貯めたポイントは、Tポイント提携店舗で利用することが可能だ。

page toppagetop