Androidスマートフォン向けに「ともタッチアプリ」を開発(セントリックス)

2011年9月6日11:46

セントリックスは、Androidスマートフォン向けに、利用者が互いのおサイフケータイ付きケータイをタッチさせるだけで簡単にプロフィール交換できるアプリ「ともタッチアプリ」を開発し、Androidマーケットにて無料ダウンロードサービスを開始したと発表した。

通常の紙による名刺交換では、常にデータを入力する手間がかかる。また赤外線では氏名、電話番号、メールアドレス以外の情報を転送することは、ケータイ電話の互換性の問題などにより困難である。そこでセントリックスでは、おサイフケータイ機能を利用して名刺交換を行う端末「ともタッチ」を開発。2010年11月より販売を開始し、すでに1万人以上のユーザーを抱えている。

今回、Androidスマートフォンに搭載されているNFC機能を使い、端末なしでプロフィール交換ができる「ともタッチアプリ」をリリースした。同アプリは、インストール後に自分のプロフィール情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス、顔写真、Facebook、Twitter、mixi、ブログ、ホームページなど)をフォームに入力するだけで、プロフィール画面が作成できる。プロフィール画面では、会社のホームページで商品紹介を行ったり、Facebook,Twitterアカウント、Youtubeへのリンクなどを掲載できるので、紙の名刺よりも多くの情報を交換することが可能となっている。

プロフィールの交換は、おサイフケータイ機能が付いているスマートフォンや従来の携帯電話同士をタッチさせるだけで、プロフィール交換が行える。相手のケータイがiPhoneやおサイフケータイ非対応の場合には、iPhoneの場合はプロフィール画面中のQRコードを読み込むことでプロフィール画面を転送可能だ。また、タッチした日時が記録されるため、誰といつ会ったのかがすぐにわかるという。 交換したプロフィールは、アプリ内の「ともだちリスト」で一覧表示ができ、いつでも電話やメールがワンタッチで行える。さらに、「ともだちリスト」はAndroidスマートフォンの電話帳と同期が可能だ。

page toppagetop