「TOICA」「manaca」の相互利用を記念し特別デザインのカードを発売(JR東海/名鉄など6社)

2012年3月22日19:34

JR東海の「TOICA」、名古屋市交通局・名古屋鉄道などの「manaca」は、相互利用サービスを2012年4月21日から開始することを記念し、それぞれ特別デザインの記念カードを発売する。両カードとも1枚2,000円となっている(デポジットの500円を含む)。

左からJR東海の記念カード、名古屋市交通局・名古屋鉄道などの記念カード(出典:JR東海、名古屋市交通局・名古屋鉄道などのプレスリリース)

JR東海では、合計1万枚のカード(記念台紙付)を各駅で販売する。駅ごとの割り当て枚数が売り切れ次第、その駅での発売は終了となり、一人5枚まで購入できる。

また、名古屋鉄道、豊橋鉄道、名古屋市交通局、名古屋臨海高速鉄道、エムアイシー、名古屋交通開発機構でも限定2万枚で、特別デザインのカード(特製台紙付)を発売する。駅ごとの割り当て枚数が売り切れ次第、その駅での発売は終了となる。一人5枚まで購入できるが、名古屋臨海高速鉄道については一人1枚までとなる。

page toppagetop