ENEOSで「ENEOS Tカード」の発行を開始(JXエネルギー/CCC)

2012年3月30日14:48

JX日鉱日石エネルギー(JXエネルギー)と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、2012年4月1日から、JXエネルギーが展開するENEOS サービスステーション(SS)約4,300箇所において、「ENEOS Tカード」(クレジット機能なし)の発行を開始すると発表した。

Tポイントアライアンス企業の店頭に掲示してある告知物(JXエネルギーとCCCのプレスリリース)

ENEOSのSSでは、現金で給油する顧客向けに会員価格で給油できるカードとして、「ENEOSキャッシュ」「BODYカード」を発行してきた。また、特別提携カードとして、「Tカード」を提示した顧客や「クレジット機能付きTカード」で支払いの顧客へのTポイントの付与を行っている。

今回、約4,300SSで発行を開始するENEOS Tカードは、ENEOS Tカード会員価格で給油でき、さらに、給油や洗車・オイル交換・車検などの利用時にTポイントを貯める・使うことのできる現金会員カードとなる。

Tポイントの付与については、従来のT カード利用時どおり、200 円(税抜)につき1 ポイント。また、貯まったTポイントは、1ポイント=1円として支払いに利用可能だ。

両社では、ENEOS Tカードの発行を記念して、4月1日~8月31日まで、「Tポイント総額1,000万ポイント山分けキャンペーン」を実施。期間中にENEOS Tカードを申し込んだ人全員でTポイント1,000万ポイントを配分し、自動的にTポイントを付与するという。JXエネルギーでは、全国のSS でENEOS T カードへの入会促進を行う。

また、ENEOS Tカード発行SS以外でも、4月1日から、全国約8,500箇所のSS(ENEOS Tカード発行SSを含む)で、Tポイントの付与に加え、SSにおいてTポイントを利用できるサービスを開始する。

page toppagetop