オペアンプ/コンパレータの選定を容易にするAndroid向けアプリを発表(ST)

2012年4月13日9:20

STマイクロエレクトロニクス(ST)は、ユーザ自身のスマートフォンまたはタブレットを使用し、デバイス選定を迅速化するためのAndroidアプリ「ST op-amps」を発表した。

ST op-ampsは、Google Play Store(旧Android Market)から無料で入手できる。同アプリは、エンジニアがそれぞれのオペアンプを用いた回路設計に相応しいデバイス選定を、起動してから約15秒以内に開始できるという。STは、さまざまなアプリケーションに対応したいくつものオペアンプ製品群を提供しており、年間20億個以上のオペアンプを出荷している。

ST op-ampsは、製品開発を支援する目的で考案された。すでに、開発・試験・認証済みのアプリにより、オペアンプの選択および設計を迅速かつ容易に行えるという。

同アプリは、NFC(Near Field Communication)対応スマートフォンでST製RFメモリICを内蔵したワイヤレス・タグの読み取りを可能にする「Dual EE」アプリに続く、STとして2番目のAndroid対応アプリとなっている。

page toppagetop