いろいろな勤怠形態に対応可能な「ピットタッチ・プロ 勤怠パッケージ」の販売を開始(BUG)

2012年4月18日17:00

ビー・ユー・ジー(BUG)は、4.3インチLCDタッチパネル搭載のネットワーク対応非接触ICリーダーライター「ピットタッチ・プロ」を勤怠打刻機として利用する「ピットタッチ・プロ 勤怠パッケージ」を2012年4月18日より販売を開始すると発表した。同パッケージは、BUGまたは販売代理店を通じて販売される。

「ピットタッチ・プロ」を勤怠打刻機として利用する「ピットタッチ・プロ 勤怠パッケージ」のイメージ(出典:ビー・ユー・ジーのプレスリリース)

ピットタッチ・プロは、4.3インチLCDタッチパネル搭載のネットワーク対応非接触ICリーダーライターである。コンテンツプロバイダが開発したコンテンツセットをブラウザベースの実行環境に読み込ませることにより、ユーザーインターフェース・通信・非接触ICなどを動作させることができるという。コンテンツセットは、HTML/CSS/JavaScript/設定ファイルや画像・音声ファイルにて構成される。

ピットタッチ・プロ 勤怠パッケージでは、勤怠管理用に特化したコンテンツセットがあらかじめインストールされており、またサーバとの送受信仕様書を公開しているので、既存の勤怠管理アプリケーションや勤怠管理ASPに接続することができ、すぐにピットタッチ・プロをネットワーク対応勤怠打刻機として利用することが可能だ。

FeliCaカード、おサイフケータイに対応しており、多くの企業で利用中の社員証等をそのまま利用することができる。また、タッチパネルで操作でき、打刻ステータスを選択して、カードやおサイフケータイをタッチするだけで打刻することが可能である。

出退勤モードは、各企業の勤務形態にあわせ3種類用意。「4ステータスモード」では、出勤、退勤、外出、再入室の4つのステータス、「2ステータスモード」では、出勤、退勤の2つのステータス、「トグルモード」ではその日のうちにタッチした回数で出退勤ステータスをサーバで判断するモードを搭載している。

また、4種類の食事を登録でき、出勤時にタッチパネルで選択することができる。これにより、現場での当日のお弁当の注文発注や請求の管理コストを削減することが可能となる。

page toppagetop