「ぐるなびスーパー『ぐ』ポイント」の1万ポイント以上保有ユーザーが1万人を突破(ぐるなび)

2012年4月20日8:00

ぐるなびでは、1ポイント=1円の飲食代金として使用可能な「ぐるなびスーパー『ぐ』ポイント」サービスを2011年4月から行っているが、1万ポイント以上の保有ユーザーが1万人を突破したという。

飲食店に設置された専用端末「ぐるなびNEWタッチ」

同ポイントサービスは、ぐるなびのネットワークを活用し、隠れ家的な店舗やアットホームな店舗など、個人経営の飲食店でも貯めて使えるのが特徴となっている。

利用者は、飲食店に設置された専用端末「ぐるなびNEWタッチ」に携帯電話やスマートフォンをかざすとポイントを貯めることが可能だ。また、かざして取得したQRコードから店舗のメルマガを登録するとポイントが貯まる。2012年4月17日現在、端末の設置店舗数は1,368店舗。貯まったポイントは、全国8,476店舗で利用できる。

店舗のメルマガ会員になると、来店のたびに携帯やスマートフォンをかざすだけでポイントが貯まる店舗もあるため、ランチでよく訪れる店舗でコツコツ貯めることが可能だ。ぐるなびでは9月30日まで、最大2,000ポイントが付与されるキャンペーンを実施中だ。

なお、飲み会の幹事役は、店舗選びが面倒で損な役回りだと思われがちだ。その点、宴会の希望エリア、日時、人数、予算を登録すると、条件に適合する店舗から立候補が送られてくるサービス「スーパーらくらく幹事さん」と合わせて利用すれば、大量にポイントが獲得できるという。具体的には、スーパーらくらく幹事さんを通して宴会を予約し、当日、店舗に設置された「ぐるなびNEWタッチ」に携帯やスマートフォンをかざすと、予算人数×100ポイントを付与している。例えば、20人の宴会なら2,000円分のポイントを獲得可能だ。

page toppagetop