ドライバー向けポイントプログラム「タイムズクラブ」会員が400万人を突破(タイムズ24)

2012年9月3日15:55

タイムズ24は、同社が運営する、ドライバー向けポイントプログラム「タイムズクラブ」への会員登録が、2012年8月18日に400万会員を突破したと発表した。

ドライバー向けポイントプログラム「タイムズクラブ」(出典:タイムズ24のプレスリリース)

タイムズクラブは、2003年3月に開始した入会金・年会費無料の会員制ポイントプログラムであり、サービスをスタート以降、年間約50万人が新規に入会している。

タイムズクラブは、全国1万1,450カ所の駐車場で貯まるポイントサービスである。主に「タイムズ駐車場」の利用時にポイントが貯まり、貯まったポイントは、駐車サービス券「タイムズチケット」や財団法人交通遺児等育成基金への寄付、厳選商品等と交換することが可能だ。

2009年からは「マツダレンタカー」の利用、2010年にはカーシェアリングサービス「タイムズプラス」の利用でポイントが貯まるサービスを開始している。

また、ポイントを貯める以外に、一部のタイムズ駐車場の料金や東京豊島区の温浴施設「タイムズ スパ・レスタ」、マツダレンタカーを会員優待料金で利用できるなど、会員にお得なサービスも提供している。

page toppagetop