レギュラー、ゴールド、プラチナの会員ランク制度が本格スタート(ぐるなび)

2013年1月28日18:30

飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営するぐるなびは、2013年1月21日、「ぐるなび」の利用頻度の高い会員へのサービスとして、ぐるなびタッチの利用回数や「スーパー『ぐ』ポイント」の獲得額等に応じた会員ランク制度を本格的に開始すると発表した。ランクが昇格するごとに、ポイントプレゼントや限定キャンペーンへの参加権利など、受けられる特典が増えていくという。

「ぐるなび会員」ログイン後トップページ画像(出典:ぐるなびのプレスリリース)

ランクは「レギュラー」、「ゴールド」、「プラチナ」の3段階で、直近6カ月間のサービス利用回数や「ぐるなびスーパー『ぐ』ポイント」の獲得額・保有額によって分類され、昇格や降格などのランク変動がある。

「ぐるなび会員」(登録料・会費無料)は、2013年1月21日現在1,004万人の会員がいる。利用者は、ぐるなび会員に登録すると、飲食店での支払い時に1ポイント=1円として利用できる「ぐるなびスーパー『ぐ』ポイント」や、条件を入力するだけで希望に合った飲食店から立候補メールが届く「スーパーらくらく幹事さん」などのサービスを利用することが可能だ。

ゴールドランク、プラチナランクの会員限定特典の一例としては、日本航空(JAL)及びジャルパック協賛による、5,000マイルや海外旅行券が当たるキャンペーンのほか、プレミアムなレストランで特別メニューをリーズナブルな料金で利用できる食の祭典「JAPAN RESTAURANT WEEK 2013 Winter Premium」の参加レストランの食事券が当たるキャンペーンへの参加権利などがある。また、ぐるなび食市場やぐるなびデリバリーでも、注文時のポイント付与率が上位ランクの会員ほど高くなるという。

page toppagetop