健康プラットフォーム「わたしムーヴ」を提供開始(ドコモ・ヘルスケア)

2013年3月8日8:05

ドコモ・ヘルスケア、NTTドコモ、オムロン ヘルスケアは、2013年3月6日に記者会見を行い、ドコモが提供する「docomo Healthcare」とオムロンヘルスケアが提供する「ウェルネスリンク」を融合し、「わたしムーヴ」ポータルサイトを4月1日から開設すると発表した。従来は、「docomo Healthcare」と「ウェルネスリンク」により、からだデータの蓄積・可視化をし、健康支援サービスを行ってきた。

プラットフォームとして展開する「わたしムーヴ」

新サービスの「わたしムーヴ」では、健康支援サービスを進化させ、「ライフスタイル提案」を実現させていきたいとしている。具体的には、「測定機器の拡充」、「蓄積・分析・予測の高度化」、「アプリ・サービスの拡充」、「アライアンス企業の拡大」に力を入れる。

利用者は、「わたしムーヴ」の会員になることで、運動・睡眠・ダイエットなどのカラダに関するコンテンツが、6ジャンル16コンテンツで利用可能だ。コンテンツは今後、順次、拡充していく方針だ。

また、スマートフォン等の携帯電話と健康機器を活用して、顧客の「からだデータ」を預かることで、そのからだデータを蓄積・分析・予測し、また、からだデータとアライアンス企業のサービスや商品と連携させることで、最適な健康サービスや商品を提供していくそうだ。

「わたしムーヴ」は現状、オムロンの健康機器のみに対応し、NFCもしくはおサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンが利用可能となっている。

左からゲストでお笑い芸人のハリセンボンの近藤春菜さんと箕輪はるかさん、NTTドコモ 代表取締役 加藤薫氏、ドコモ・ヘルスケア 代表取締役社長 竹林一氏、オムロン 代表取締役社長 山田義仁氏、ゲストの藤本美貴さん

5月からは、ABC Cooking Studioが「レシピで体温を整える」、オークロンマーケティングが「キレイになって夢を叶える」、らでぃっしゅぼーやが「ぐっすり眠れてスッキリ目覚める」など、アライアンス企業提供型のサービスを開始する予定だ。

また、6月から、女性の体と心を健やかにする「カラダのキモチ」を提供する。同サービスは、利用者が自分のからだと会話をするように、体や心の調子がわかり、快適な生活を送るためのアドバイスを受けられるサービスとなっている。

具体的には、生理や排卵によって変化する心と体の状態や、天気、時間、季節に合わせて、食、ファッション、アロマなどの10種類のカテゴリから、生活に関するアドバイスが表示される。また、利用者の分身であるアプリ内のキャラクターがアドバイスを伝えるそうだ。

同サービスでは、10秒で計測できるオムロンヘルスケア社製の婦人用電子体温計(MC-642L)とNFCもしくはおサイフケータイ対応のスマートフォンを連携させ、基礎体温を記録できる。記録した基礎体温などのデータから、体の不調が検知された場合、アプリを通じて利用者へ受診を促すという。利用者が、受診した場合には、所定の条件のもと、お見舞金(「女性疾病見舞金」5,000円、「要精密検査見舞金」30,000円の2種類)が支払われるという。

ドコモ・ヘルスケア 代表取締役社長 竹林一氏は、「ユーザー課金型」、「レベニューシェア型」、「測定機器販売型」のビジネスモデルを強化することにより、2015年度までに国内における売上規模で100億円、会員数1,000万人を目指すと話した。また、今後も続々と、「からだ発ライフスタイル提案」を展開していきたいとしている。

会見にはNTTドコモ 代表取締役 加藤薫氏も登壇。加藤氏によると、NTTドコモでは、ウェルネス分野に加え、いざというときの健康サポートとして医療分野にも力を入れており、アインファーマシーズの「お薬手帳サービス」、東大病院の「生活習慣病管理サービス」(糖尿病管理サービス等)を紹介した。

体温計をNFCスマートフォンにかざすだけでデータ転送できる

また、続けて登壇したオムロン 代表取締役社長 山田義仁氏によると、同社の血圧計は年間1,300万台が世界各国で販売されているという。そのうち日本の市場は20%となっており、例えば血圧計の世界シェアは50%を超えているという。

page toppagetop