セガアミューズメント施設でPontaサービスを開始(LM)

2013年3月18日17:31

セガ エンタテインメントと、共通ポイントサービス「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は提携し、2013年3月18日から、セガエンタテインメントが運営するセガアミューズメント施設にてPontaサービスを開始すると発表した。アミューズメント施設におけるPontaサービスの提供は初となる。

左から液晶端末、ルーレット画面イメージ

セガ エンタテインメントとLMは、都内のセガアミューズメント施設3店舗にて、来店した利用者が店内設置の液晶端末で、Pontaカードのバーコードを読み取るとPontaポイントが貯まるサービスを行う。また、貯まったポイントを使えるサービスも開始する。Pontaの導入は、2013年7月末までに「セガ」全204店舗を予定している。

具体的には、店内設置の「ポンタ」をモチーフにした液晶端末にてPontaカードのバーコードを読み取ると「ルーレット」が表示され、1等10ポイント、2等5ポイント、3等1ポイントのいずれかが加算される。

また、Pontaポイントを使うことで、通常料金よりお得に対象のサービスを利用できる。例えば、“20ポイントでUFOキャッチャー1プレイ”や“10ポイントでメダル10枚プレゼント”などのサービスを提供する。

店内設置の液晶端末にてPontaカードのバーコードを読み取り、画面に表示される一覧からご希望のサービスを選択するとクーポン券が発行される。クーポン券をスタッフに渡すと利用が可能になる。

セガ エンタテインメントは会員5,224万人を有する「Ponta」の導入により、既存の利用者に加え、これまでセガを利用していなかった人に足を運んでもらうことを目的としている。

page toppagetop