「Tポイント×Shufoo!」アプリの提供開始(CCC/凸版印刷)

2013年4月22日13:29

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、凸版印刷と共に、Android端末およびiOS端末向け新アプリ「Tポイント×Shufoo!(シュフー)」の提供を開始したと発表した。

「Tポイント×Shufoo!」アプリ(出典:CCCと凸版印刷のプレスリリース)

CCCは、2011年7月に凸版印刷と業務提携を行い、電子チラシポータルサイト「Shufoo!」でチラシを閲覧するとTポイントが貯まるサービスを提供している。現在、20代~40代の主婦層の顧客を中心に、Shufoo!でTポイントサービスが利用されているそうだ。今回、昨今のスマートフォンの急速な拡大に伴う顧客からのニーズの高まりを受け、新たにTポイント×Shufoo!アプリを共同開発した。

顧客は、Tポイント×Shufoo!アプリをダウンロード後にT-IDでログインし、自宅などの特定地域(Myエリア)を登録すると、Myエリア近辺のスーパーやドラッグストアなどのチラシを毎日定期的にアプリで受け取ることが可能だ。

また、ポイント対象チラシを閲覧すると1日1枚につきTポイントが1ポイント貯まり、チラシ10枚閲覧を1口とし、毎週抽選で20人に1,000ポイントが当たるという。貯まったTポイントは、TSUTAYAやファミリーマート、マルエツ、ウエルシアなどのTポイント提携店舗で1ポイント1円として利用可能だ。

CCCは、スマートフォンの特性を活かしたTポイント×Shufoo!アプリを通じ、T会員への利便性を提供し、またTポイント提携企業へ既存のメール・クーポン・DMに続く新しいコミュニケーション・ツールを提供することで、リアル店舗への送客効果の拡大を図っていきたいとしている。

page toppagetop