PontaのO2Oアプリ「ポンタイム」に「チェックイン」機能追加(LM)

2013年12月20日13:03

共通ポイントサービス「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、 2013年12月20日から、スマートフォンアプリ「Pontaタイム(ポンタイム)」に新たに「チェックイン」機能を追加したと発表した。

チェックイン機能は、キャンペーン一覧から店舗を選び、現在地から近い店舗リストを表示(GPS連動)(左)、店舗の地図と詳細情報、チェックインポイントを表示(中)、スキャンアイコンを起動して、ポスターのQRコードをスキャン(右)

チェックイン機能は、キャンペーン一覧から店舗を選び、現在地から近い店舗リストを表示(GPS連動)(左)、店舗の地図と詳細情報、チェックインポイントを表示(中)、スキャンアイコンを起動して、ポスターのQRコードをスキャン(右)

「ポンタイム」は、バッジを集めて遊びながらPontaポイントを貯めることができるスマートフォン向け無料アプリ。今回、ユーザーに新たな楽しみ方を提供し、「Ponta」の世界観を感じてもらうため、新たに「チェックイン」機能を追加したそうだ。

「チェックイン」機能は対象店舗や対象商品についている「QRコード」や「バーコード」をスキャンすることで、ポイントやバッジがもらえる機能となる。12月20日より、大型スポーツ用品専門店「ヒマラヤ」にて、対象店舗に設置されているQRコードを「ポンタイム」でスキャンすることでポイントがもらえるトライアルキャンペーンを実施する。キャンペーン対象店舗は、葛飾奥戸店(東京)、サクラス戸塚店(神奈川)、門真店(大阪)、神戸ジェームス山店(兵庫)となっている。

page toppagetop