立教大学に協力、書店を起点としたO2Oプロモで池袋の街歩きを促進(DNP)

2014年4月11日12:40

大日本印刷(DNP)は、立教大学経済学部廣江ゼミナール(指導教授:廣江彰教授)が推進している地域活性化プロジェクト「池袋スマートマップ」を支援し、O2OプロモーションサービスやNFCタグ付きブックカバーなどを提供すると発表した。

「池袋スマートマップ」のイメージ(出典:DNPのプレスリリース)

「池袋スマートマップ」のイメージ(出典:DNPのプレスリリース)

DNPでは、書店の協力を得て、NFCタグを貼付したブックカバーを生活者に配布。そのブックカバーに生活者がNFC対応スマートフォンをかざすことで、池袋駅周辺の飲食店や観光スポットなどの情報が配信され、来店促進につなげるO2O(Online to Offline)プロモーションを展開するという。ブックカバーには立教大生おすすめのディープスポットを示す地図を印刷する。印刷物の地図と、スマートフォン向けのデジタルコンテンツを組み合わせることで、効率的に地域情報を提供するという。

DNPは、NFCタグを貼付したポスターやPOPにNFC対応のスマートフォンをかざすと、そのスマートフォンに商品や店舗の情報、クーポンなどが配信され、来店促進につなげることが可能な「TAPLINK(タップリンク)」のサービス展開を行っている。今回は、「TAPLINK」を提供するほか、NFCタグ付きブックカバーと告知用ポスターの制作、企画支援などを行う。

DNPは、同活動を地域コミュニティとなじみの深い書店を起点としたO2Oプロモーションと位置づけ、実施効果などを分析し、これをもとに、読書体験の付加価値サービスを提供していく。また、出版業界をはじめ、広告代理店、流通・小売、金融機関、観光業界向けにTAPLINKの導入を促進し、2016年までの3年間で20社での採用を目指す。

企業名 所在地 HP MAIL
大日本印刷株式会社 〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号
[TEL] 03 -3266 – 2111(ダイヤルイン案内台)
HP
メール
サービス概要
国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

page toppagetop