「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」を使ったキャンペーン(ガリバー)

2014年7月23日19:13

ガリバーインターナショナル(ガリバー)は、ソフトバンクテレコムとヤフー(Yahoo! JAPAN)が提供するO2Oサービス「ウルトラ集客」の新しい仕組みを活用したキャンペーンを、2014年8月13日から展開すると発表した。ガリバーは、今後の中古車販売促進活動に「ウルトラ集客」を継続的に活用する。

ガリバーは、新たにYahoo! JAPANの「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」(YDN)を利用した「ウルトラ集客」を、キャンペーンに活用する。YDNは、多彩な広告掲載方式でターゲット層を絞り込み、キャンペーンの目的やターゲットに応じて広告掲載方式が選べるサービスとなる。Yahoo! JAPANのサービスページの行動履歴データ(閲覧履歴や検索履歴など)から、自動車の購入や売却に関心がある潜在層、顕在層を絞り込み、さらに、行動履歴データに応じて告知内容を柔軟に切り替えキャンペーンページへ誘導するなど、能動的なアプローチが可能だ。

なお、ガリバーでは、20周年記念特別企画として「お客様還元キャンペーン」を2014年8月13日~8月26日まで、全国370店舗で実施(クーポン引換期間は9月6日~9月23日)。これは、Yahoo! JAPANのページに掲載されている「お得情報」、または表示されたYDNの広告をクリックし、Yahoo! JAPAN IDにログインした状態で応募した人の中から抽選で500名が当選となる。当選者が実際に対象店舗に来店し、当選メールに表示されたクーポン画面を読み取り用の「クーポンゲート」にかざすことで来店認証が行われ、その認証情報に基づき、購入者には20,000ポイント、売却の顧客には10,000ポイント、査定もしくは見積もりの顧客に2,000ポイント、最大32,000ポイントのTポイントがプレゼントされるという。

page toppagetop