企業の業績アップを目的としたインセンティブポイントサービス開始(JTB)

2014年8月13日19:36

ジェイティービー(JTB)は、企業の業績アップを目的とした新たなインセンティブポイントサービス「サンクスコレクト」を開発し、2014年10月1日からサービスを開始すると発表した。JTBグループでは、2018年度までの5年間で600社への導入を目指す。

インセンティブポイントサービス「サンクスコレクト」の告知(出典:JTBのプレスリリース)

インセンティブポイントサービス「サンクスコレクト」の告知(出典:JTBのプレスリリース)

「サンクスコレクト」は、金券や商品を渡す従来の報奨・表彰制度に変わり、従業員・契約社員(パート・アルバイト)・販売代理店・自社のお客様へポイントを付与することで日頃の仕事や業績の成果・貢献に対し感謝の気持ち「ありがとう」を伝え、法人の業績アップへとつなげる新しい報奨サービスとなるそうだ。付与対象者は、貯めたポイントで約1万点のラインナップから好きな商品(モノ・コト)と交換できるという。

これまで評価がしにくかった成果に対し、ポイントが細かく付与できることが大きな特徴で全従業員のモチベーション向上や定着率のアップ、代理店の売上向上、自社の顧客へのロイヤリティアップなど幅広いメリットが生まれるという。

具体的な運用は、ポイント付与対象者に専用のポイント交換サイトを開設。対象者は、Web画面上で、ポイント数の確認・管理や交換商品検索が行える。スマートフォンでの利用も可能で交換商品の購入・発送などはJTBが行うことで企業側の管理業務負担が軽減でき、継続したサービス運用が安定的に行えるそうだ。

page toppagetop