沖縄県で「ショッぷらっと」を活用したバス利用促進キャンペーン(NTTドコモ)

2014年9月22日19:17

NTTドコモと沖縄県企画部交通政策課は、沖縄県内のIC乗車券誕生とバスレーンの延長を記念して、バスで通学・通勤を始める人を対象とした「バス通(つう)キャンペーン」を、2014年10月1日~2015年1月31日まで実施すると発表した。

キャンペーンステッカー(出典:NTTドコモのプレスリリース)

キャンペーンステッカー(出典:NTTドコモのプレスリリース)

「バス通キャンペーン」は、沖縄県内の国道58号を走行する路線バス合計222台の車内に、ドコモが提供する無料アプリ「ショッぷらっと」を導入することで、バスを利用した通学・通勤を促進し、過度な自家用車利用を抑え、公共交通の利用促進を図る取り組みとなる。バスへの「ショッぷらっと」導入は国内で初めてとなる。

同キャンペーンでは、ショッぷらっとをダウンロードした利用者が、キャンペーン対象のバスに乗車するとスタンプを貯めることができ、期間中に所定数のスタンプを貯めるとプレゼント抽選に応募できる。また、バスに乗車するとスタンプと同時にポイント“star”を貯めることができ、貯めたポイントは加盟店舗で利用できる商品券等と交換可能だ。

バスに乗車するたびにポイントを貯めることができるため、バス利用を促進できるとともに、「ショッぷらっと」の加盟店舗への来店促進も期待できるそうだ。なお、「ショッぷらっと」のサービスは、全国約1,000カ所の加盟店舗にて、ドコモの契約がない人でも利用できる。

page toppagetop