トレーニング支援サービス提供、iコンシェルも進化(NTTドコモ)

2014年9月30日0:30

NTTドコモは、2014年9月30日に新サービスとスマートフォン等の新製品発表会を行った。

20140930docomo1

発表会の様子。左からNTTドコモ 代表取締役社長 加藤薫氏、堀北真希さん、石原さとみさん、渡辺謙さん

同社では、2014年12月から、トレーニング時に計測したデータを記録・管理し、トレーニングに関する各種サポートをすることができるサービス「Runtastic for docomo」を開始する予定であると発表した。これは、6つの有料アプリ、30種類のトレーニングプランが月額350円(税抜)で利用可能になるサービスだ。世界トップのフィットネスアプリのベンダーであるRuntasticとドコモが共同開発したサービスとなる。

利用者は、スマートフォンなどの対応デバイスを身に付けてトレーニングすると、GPS位置情報などをもとに、運動時間や距離、ペース、消費カロリー、移動経路などのトレーニングデータを計測できる。計測したトレーニングデータはクラウド上に蓄積され、専用のアプリケーションやWebページから確認できるほか、詳しい分析やコーチングを受けたり、友人と活動記録を共有することが可能だ。また、継続的に利用してもらうためのオリジナルの機能として、トレーニング量に応じた「ドコモポイント」を進呈するという。

「Runtastic for docomo」の利用イメージ

「Runtastic for docomo」の利用イメージ

また、ゴールドウインが販売するウェア型のトレーニングデータ計測用デバイス「C3fit IN-pulse(インパルス)」シリーズに対応。「C3fit IN-pulse」シリーズは、着用するだけで心拍数などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe」を活用したウェア型の計測用デバイスとなる。今後は、動きの激しいスポーツとなるサッカーやラグビーといった接触スポーツでの利用も想定しているそうだ。

また、エージェントサービス「iコンシェル」「しゃべってコンシェル」を2014年12月に機能拡充すると発表した。従来、「iコンシェル」は、利用者が登録した情報や位置情報をもとに、生活エリアやライフスタイルに合わせた情報を最適なタイミングで知らせる機能を提供していたが、新たにが閲覧したコンテンツの履歴から好みを学習し、好みに合ったコンテンツをレコメンドするという。また、コミュニケーションを図るごとに、利用者に合った情報を取得できるようになるそうだ。さらに、位置情報解析を強化することにより、利用者の状況に応じた情報を知らせることができるという。「しゃべってコンシェル」では、「雑談によるコミュニケーションの強化」「複数回の会話が可能になる」機能強化を行う。

2014-2015冬春モデルのラインアップとしては、スマートフォン・タブレット9機種、ドコモ ケータイ2機種、らくらくホン1機種、キッズケータイ1機種、キッズ向けウェアラブル端末1機種、モバイルWi-Fiルーター2機種の合計16機種を開発し、2014年10月4日より順次販売を行うと発表した。

page toppagetop