オランダが IC 運転免許証の導入で採用(ジェムアルト)

2014年10月31日16:19

ジェムアルトは、運転免許証の発行や車両登録を行うオランダ運輸・公共事業省担当局(RDW)が、ジェムアルトのSealys(シーリス)IC運転免許証を採用したと発表した。

運転免許証のイメージ(出典:ジェムアルトのプレスリリース)

運転免許証のイメージ(出典:ジェムアルトのプレスリリース)

ジェムアルトが提供するIC運転免許証は、視覚的、物理的、電子的なセキュリティ機能を兼ね備え、詐欺や偽造から強力に保護するという。個人情報は改ざんを防止するポリカーボネート製カードに印刷されており、非接触マイクロプロセッサに安全に保存している。これにより、オランダ警察は認可されたNFCモバイルリーダーを用いて、文書の真正性を確認することが可能になる。

IC運転免許証はクレジットカードの大きさで、欧州全体で運転免許証の標準化を目指す欧州委員会の最新イニシアチブのすべての要件を満たしているという。オランダ運輸・公共事業省担当局では、数多くのセキュリティ設計を評価し、クリエイティブなレイアウトと複数のユニークな機能を組み合わせているジェムアルトの提案を、最適なソリューションとして採用した。

具体的な特徴としては、①純粋なポリカーボネート製カードの構造の中に透明な部分を作ることで、即座に目視検査が可能、②最新のSealys Secure Surface(シーリス・セキュア・サーフェス)機能により、文書の特定領域で触覚認識と光学的認識が可能、③Sealys Edge Sealer(シーリス・エッジ・シーラー)機能により、カードの側面にレーザー刻印し、偽造防止を強化――が挙げられる。

page toppagetop