デジタルサイネージでの外国人向け情報サービスの実験を仙台で実施(DNP)

2015年2月6日22:12

大日本印刷(DNP)は、多言語対応の地図や観光情報を搭載したデジタルサイネージ(電子看板)による訪日外国人向け情報サービスの実証実験を、2015年2月9日~3月末に仙台市内で実施すると発表した。

仙台なびっくへの設置イメージ(出典:DNPのプレスリリース)

仙台なびっくへの設置イメージ(出典:DNPのプレスリリース)

DNPは、訪日外国人の誘致事業(インバウンド)向けに、多言語対応の地図や観光情報を搭載したタッチパネル式デジタルサイネージ「Will Smart」を全国に導入している。仙台市では3月以降に複数の大規模な国際会議の開催が予定されており、世界各地から多くの外国人の来日が予想される。DNPはすでに、仙台空港(国際線到着ロビー)と仙台駅(i-ステーション仙台)にWill Smartを導入して運営しているが、今回新たにWill Smartの小型タイプ(表示画面20インチ)を仙台市内の複数箇所に設置して、訪日外国人向け情報サービスの実証実験を開始する。

Will Smartに搭載された地図や観光情報は、日本語のほかに英語、中国語、韓国語に対応している。外国人旅行者は、言語を選択して目的地までのルート、周辺施設や店舗の地図と所在地、観光情報、全国の天気などを閲覧できる。また、Will Smartのディスプレーに表示された目的地までのルート案内は、NFC対応スマートフォンでも見ることが可能だ。NFC対応スマートフォンをWill Smartの読み取り部分にかざすと、無線通信でURL情報を取得し、サーバにアクセスして地図を表示するため、専用のアプリをインストールする必要がないという。

DNPは、同実証実験の分析結果を活かして、他の観光都市の交通機関、宿泊施設、観光案内所、商業施設などにWill Smartを展開し、デジタルサイネージを活用したインバウンド向け情報サービスをトータルで提供して、2015年度に5億円の売上を目指す。

企業名 所在地 HP MAIL
大日本印刷株式会社 〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号
[TEL] 03 -3266 – 2111(ダイヤルイン案内台)
HP
メール
サービス概要
国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

page toppagetop