リウボウとTポイント・ジャパンがポイントプログラム契約を締結

2015年3月11日15:50

リウボウホールディングス傘下のリウボウインダストリー、リウボウストア、リウボウ商事の3社と、Tポイント・ジャパン(TPJ)は、このほどTポイントプログラム契約を締結したと発表した。

今回の契約締結により、リウボウグループが展開する百貨店「デパートリウボウ」およびスーパーマーケット「リウボウストア」全14店舗および、商業施設「ハピナハ」など、リウボウグループ各店舗において、2015年5月中旬よりTポイントが貯まる・使えるサービスを開始する予定だ。
沖縄県でのTポイント提携先は、琉球銀行や琉球新報をはじめ、ファミリーマートTSUTAYA、ENEOS、ドラッグイレブンなど902店舗となり、沖縄県民の55.1%にあたる78万人がTカードを利用しているという。また都道府県別人口に対する1人あたりの店舗数においても、沖縄県は全国第2位に位置するそうだ。

リウボウグループでは、今回のTポイントサービス開始を機に、沖縄のT会員のリウボウグループ店舗の利用促進を図るとともに、Tポイントのデータベースを活用したCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)や商品開発、また商品の品揃えなどのマーチャンダイジングといったデータベース・マーケティングも行っていく予定だ。

page toppagetop