NFCトランシーバICをShanghai StollmannがUART対応のモジュールに採用(ST)

2015年4月27日11:26

STマイクロエレクトロニクス(ST)は、NFCおよびBluetoothプロトコル・スタックのメーカーであるShanghai Stollmann Communication Technology Co. Ltd.のUART(Universal Asynchronous Receiver/Transmitter:汎用非同期送受信回路)対応NFC・RFIDモジュールに、NFCトランシーバICが採用されたと発表した。

NFCMod+S68モジュールは堅牢な性能と最適な消費電力を小型サイズで実現しており、機器メーカーは、医療・ヘルスケア機器、産業機器、生活家電、コンスーマ機器向けに、ペアリングによるデータ交換、認証および識別機能を持ったRFリーダ・システムを開発することができるという。

同モジュールは、STのNFC / RFIDトランシーバICであるST95HFと32bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM32F4に、Shanghai StollmannのNFCプロトコル・スタックとUARTドライバを統合している。また、ISO14433 TypeA/B、FeliCaおよびISO15693に準拠しており、カードエミュレーション・モード、カードリーダライタ・モード、ピアツーピア・モードの3つのモードをサポートし、市場に流通しているほぼすべての非接触ICカードに対応するという。

page toppagetop