髙島屋にタブレット活用のポイントカード受付システムを導入(富士通)

2015年6月18日21:49

富士通は、髙島屋のタカシマヤポイントカードの入会申込みや変更手続きをタブレット端末で行う受付システムを構築し、髙島屋はこのほど日本橋店でサービスを開始したと発表した。同システムは今後、髙島屋の全国の各店舗への導入を予定している。

タブレット端末を活用したポイントカード入会申込み風景(出典:富士通のプレスリリース)

タブレット端末を活用したポイントカード入会申込み風景(出典:富士通のプレスリリース)

同システムにより、来店客はタカシマヤポイントカードの入会申込みや変更手続きを行う際に、売り場やカードカウンターに設置してあるタブレット端末に必要項目を入力して手続きすることが可能となる。

今回、インターネット網を使わない閉域LTE網でシステムを構築することで、外部にデータを漏らさないセキュリティ対策を図ったほか、万が一のタブレット端末の紛失・盗難の際にはリモート操作によるデータ消去が行える。また、受付端末として導入した「FUJITSU Tablet ARROWS Tab(フジツウ タブレット アローズ タブ)Q775/K」にスタイラスペンでの手書き文字認識エンジンを搭載し、高い認識率とスピーディーな入力を可能にしたという。これにより髙島屋では、タカシマヤポイントカードの受付を強固なセキュリティ環境の中で行うことができるという。

page toppagetop