JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」を2016年2月開始

2015年7月15日0:49

JR東日本は、JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT(ジェイアールイー・ポイント)」を開始すると発表した。「JRE POINT」の発行・運営者は、JR東日本となる。

JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」のイメージ(出典:JR東日本)

JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」のイメージ(出典:JR東日本)

まず、2016年2月より、アトレ、ボックスヒル、グランデュオ、シャポー、テルミナのポイントを「JRE POINT」に共通化。その後、他の駅ビルのポイントも共通化していくそうだ。さらに、ビューサンクスポイント、Suicaポイントも将来的に「JRE POINT」への共通化を目指すという。

具体的には、アトレ運営のアトレ・アトレヴィ (全店)のアトレクラブポイント(147万人)およびボックスヒル取手のボックスヒルポイント(3万人)、ジェイアール東日本商業開発運営のグランデュオ (全店)のグランデュオ立川ポイントおよびグランデュオ蒲田ポイント(43万人)、錦糸町ステーションビル運営のテルミナのテルミナポイント(13万人)を統合し、ジェイアール東日本都市開発が展開するシャポー (船橋店、市川店)を新規に追加する。

新ポイントサービスでは、買い物や飲食の利用100円(税抜)につき1ポイントを付与。また、ポイントの有効期限も、貯めたり利用した日から自動延長で2年間有効となる。たまったポイントは、1ポイント=1円として、JRE POINTで買い物に利用できる。

page toppagetop