O2O領域を含めた顧客の購買行動を可視化・一元管理(ソフトバンク)

2015年7月28日19:29 ソフトバンクは、デジタルマーケティング事業領域を拡張し、O2O領域を含めた顧客の購買行動を可視化・一元管理して企業のデジタルマーケティング業務を自動化するツール「GENERATE Marketing Automation(ジェネレイト マーケティング オートメーション)」(以下「本サービス」)について2015年9月からサービス提供を開始すると発表した。これはソフトバンクグループで企業のデジタルマーケティングを支援するジェネレイトが独自に開発したという。

同サービスは、興味・関心や行動が異なる顧客と個別にコミュニケーションを行うデジタルマーケティングにおいて、顧客一人一人に最適なコミュニケーションを素早いサイクルで実行するために煩雑なオペレーション業務を自動化するツールを提供するものであるそうだ。

同サービスを使うことにより、キャンペーンなどの施策を実行する際に顧客が購買に至る過程などをモニタリングすることで顧客行動をリアルタイムに把握し、より詳細に分析することが可能になる。また、さまざまなチャネルから得たモニタリング情報をあらかじめ設定したシナリオに沿って分析・処理し、その効果を確認しながらセグメントされた顧客に合わせてメール配信やプッシュ通知などの最適なコミュニケーション施策を自動的に実行することができるという。

さらに、同サービスと「GENERATE O2O」を組み合わせることでオンライン上でのキャンペーン閲覧・応募にとどまらず、実際の来店情報というオフラインでの顧客購買データを可視化し一元管理することが可能になる。例えば「GENERATE O2O」で取得した実店舗に来店するまでのデータをキーとして、自社サイトの閲覧履歴や企業が保有する購買履歴などの顧客情報とを名寄せすることで、顧客のウェブ上の行動とオフラインでの購買の情報統合が実現可能としている。

page toppagetop