千代田区、中央区、港区、江東区で自転車シェアリング「広域実験」実施(NTTドコモ)

2015年12月15日22:19

NTTドコモとドコモ・バイクシェアは、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都江東区、および東京都と協力し、現在4区でサービス提供中の自転車シェアリングの相互利用の実現に向けた実験を2016年2月1日~2016年4月30日まで実施すると発表した。

相互利用対象サービスは、千代田区コミュニティサイクル事業実証実験「ちよくる」、中央区コミュニティサイクル事業実証実験、港区自転車シェアリング事業実証実験、江東区臨海部コミュニティサイクル事業実証実験となる。

広域実験では、4区の自転車サイクルポートを共用(相互利用)することで、110か所以上のサイクルポート、1,100台以上の自転車を利用することができ、区境を越えた自転車の貸出や返却が可能になる

また広域実験を通じて、相互利用により想定される自転車の集中・偏りを緩和し、スムーズに貸出・返却ができる運営体制について検証を行い、本格的な相互利用への移行を検討していくそうだ。

なお、現在すでに自転車シェアリングを利用している人は、特別な手続きをすることなく、2016年2月1日より、区境を越えた自転車の貸出・返却を利用できる。

自転車本体にICカード対応のカードリーダーを搭載(出典:NTTドコモ)

自転車本体にICカード対応のカードリーダーを搭載(出典:NTTドコモ)

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop