インドネシアのPonta会員数が700万人を突破(LM)

2015年12月17日20:49

ロイヤリティ マーケティング (LM)は、同社の運営する共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」のインドネシアにおける会員数が700万人を突破したと発表した。

インドネシアにおける「Ponta」(出典:LM)

インドネシアにおける「Ponta」(出典:LM)

インドネシアでは、2015年2月より、LMの現地事業パートナーである共通ポイント事業会社「PT. Global Loyalty Indonesia」を通じて「Ponta」サービスを本格展開している。2015年12月現在、インドネシアにおいて「Ponta」は、提携社6社8ブランド、1万2,180店舗でサービスが利用可能となり、インドネシア全域をカバーする最大級のポイントサービスとなっている。

インドネシア独自の取り組みとして、Pontaカードを提示するだけで、映画館や遊技場などの施設で、優待や割引が受けられる「キャンペーンパートナー」を拡大している。12月現在、10施設が導入しており、今後も導入施設を拡大していく方針だ。

インドネシアにおける「Ponta」サービスは、2015年度中に8社10ブランドの展開を予定しており、Ponta会員1,000万人の獲得を目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop