リクルートのサービス利用シーンを舞台に「Ponta」のTVCMを放送(LM)

2016年3月16日0:05

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、サービスキャラクター「ポンタ」を起用し、リクルートホールディングスの提供する「じゃらん」や「ホットペッパービューティー」「ホットペッパー グルメ」「ポンパレモール」のサービス利用シーンを舞台に、「Ponta」のサービスを紹介するTVCMを、2016年3月15日より放送開始した。

20160315ponta1

LMとリクルートは提携し、2016年2月より、リクルートが発行する「リクルートポイント」を「Pontaポイント」に変更し、リクルートサービスと合わせ約14万店舗にてPontaポイントを直接貯めて、使えるようになった。

CMでは、リクルートとの提携サービスでさらに向上した、スマートフォンでのネット予約の利便性、ポイントのおトクさ、消費シーンの楽しさを表現しているという。リクルートが提供するサービスのさまざまなシーンに、旅館の女将さんやカリスマ美容師に変身してお手伝いするポンタが突如現れ、「なんでポンタ?」「だって、○○でもたまる!つかえる!」という共通のフレーズを用いることで、サービスの便利さ、おトクさと共に、「Ponta」のブランドコンセプトでもある楽しさの“ハッピーサプライズ!”を届けるという。

CMは、『「なんでポンタ?」ホットペッパービューティー篇』、『「なんでポンタ?」ホットペッパー グルメ篇』、『「なんでポンタ?」じゃらん篇』、『「なんでポンタ?」ポンパレモール篇』の全4篇を展開している。

また、TVCMの公開と同時に、ポンタとリクルートのキャラクターのコラボレーションLINEスタンプのプレゼントキャンペーンもスタートした。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop