「GMOチェックイン」がWi-Fiを利用した自動チェックイン機能を追加(GMOコマース)

2016年6月21日11:48

GMOコマースは、2016年6月20日から、成果報酬型の店舗集客サービス「GMOチェックイン」において、東日本電信電話(NTT東日本)と連携しWi-Fiでの自動チェックイン機能を追加した。これにより、Beaconでの来店検知に加え、Wi-Fiでの来店検知が可能となる。

「GMOチェックイン」の来店検知方法。BeaconとWi-Fi、2つの検知機能に対応(出典:GMOコマース)

「GMOチェックイン」の来店検知方法。BeaconとWi-Fi、2つの検知機能に対応(出典:GMOコマース)

GMOコマースが配布するBeacon端末を店舗に設置することで、スマートフォンでBLE(Bluetooth Low Energy)設定を有効にしているユーザーの来店を検知し、対象ユーザーに自動で特典の付与が可能だ。

今回の機能追加により、「GMOチェックイン」利用店舗のうち、対象Wi-Fi環境を導入している店舗は、Wi-Fi設定をONにしているユーザーも自動で検知できるようになる。なお、対象Wi-Fi環境をすでに導入している店舗では、広告を掲載する手続きを行うだけで、「GMOチェックイン」を利用できる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop