共通ポイント「Ponta」がインドネシアで会員数1,000万人を突破(LM)

2016年7月20日19:29

ロイヤリティ マーケティング (LM) の運営する共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」は、 インドネシアにおいて会員数が1,000万人を突破したと発表した。

プルタミナ社「Ponta」キャンペーン店頭告知

プルタミナ社「Ponta」キャンペーン店頭告知

「Ponta」は2015年2月、インドネシアにおいて、LMの現地事業パートナーである共通ポイント事業会社「PT. Global Loyalty Indonesia」を通じてサービスの本格展開をスタートし、2016年7月11日には会員数1,000万人を突破した。現在、提携社はミニマートやレストラン、デンタルクリニックやシャトルバスなど10社15ブランド、1万3,135店舗でポイントサービスが利用可能だ。同国全域をカバーする最大の共通ポイントサービスに成長したという。

また、 Pontaカードを提示するだけで、 映画館や遊技場などの施設で優待や割引が受けられる「キャンペーンパートナー」が22施設に拡大。2016年7月1日からは、インドネシアの国営石油会社プルタミナの運営するガソリンスタンドでPontaポイントの貯まるキャンペーンがスタートした。

なお、日本のPontaカードをインドネシアで、インドネシアのPontaカードを日本で利用することはできない。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop