ジュビロ磐田がJリーグ史上初、Tポイントが貯まる試合を開催(TPJ)

2016年8月9日20:45

Tポイント・ジャパン(TPJ)は、ジュビロと連携し、2016年8月20日の1日限定で、Jリーグ史上では初めてとなる共通ポイントが貯まる試合「Tポイント FIRE MATCH」(ジュビロ磐田 vs サガン鳥栖)をヤマハスタジアム(磐田)で開催すると発表した。

20160809ccc

試合内で貯まるTポイントの詳細として、①ジュビロ磐田選手の1ゴールで50ポイント、②ジュビロ磐田選手のハットトリック1回で100ポイント、③ジュビロ磐田選手のPK防御1回で50ポイント、④ジュビロ磐田の勝利で100ポイント(引き分け・負けで30ポイント)――となっている。

Tカードの利用者には、入場時にゲートでシリアルカードを配布。シリアルカードに記載されている専用サイトへアクセスし、Tポイント申請番号と自身のTカード番号を入力すると、後日ポイントが付与される。なお、試合内でプレゼントするTポイントの合計と同額をTPJが拠出し、中央共同募金会を通じ、熊本県および大分県へ義援金として寄付するという。

TPJでは、これまで2013年に自転車イベント「ツール・ド・東北」に参加をした人の走行距離に応じてTポイントをプレゼントする企画、2015年と2016年に福岡ソフトバンクホークスの試合でホークスの選手の活躍によって場内の来場者にTポイントが貯まる企画を実施している。今回のジュビロ磐田との取り組みは、スポーツとして初めてのサッカーと連携した企画となった。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop