Facebook社とデータパートナー契約を締結(CCCマーケティング)

2016年9月2日18:40

データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティングは、同社が保有する実購買行動から推計したカテゴリデータによるFacebook広告のターゲティング配信ソリューション「Partner Categories(パートナーカテゴリ)」の提供を2016年9月1日より開始する。

同ソリューションでは、実店舗の購買行動から推計した「興味/関心」や「購買傾向」といった従来のオンライン行動データだけでは実現できなかったカテゴリを生成しての配信が可能になる。また、Facebook社が持つデモグラフィックデータやオンライン行動データ、多様な広告フォーマット(動画、写真)、またはプレイスメント(Facebook、Instagram)と組み合わせることで、ユーザーにとっての広告の関連度(親和性)が高まり、より大きな広告効果を期待することができるそうだ。

提供開始に先立ち取り組んだ実証実験では、大手飲料メーカーのキャンペーンにおいて、コントロール群(ノンターゲティング)と比較して広告認知でより顕著な上昇が見られた。また、購入意向についてもコントロール群(ノンターゲティング)と比較して高いことから、パートナーカテゴリが、より見込みの高い顧客層へのリーチに有効であることが確認されたという。

従来からの広告指標であるCTR(クリック率)においては約2倍、同キャンペーンとの親和性が高いと想定される30代以上の層では年代に比例して2倍以上の結果となった。

同ソリューションの提供にあたり、CCCマーケティングは米国Facebook社との間にデータパートナー契約を締結し、日本で初めて提供する事となった。CCCマーケティングでは、今後、食品、飲料、トイレタリー等の消費財メーカーを中心に同ソリューションの販売を展開する方針だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop