RFIDシステム「Mojix STAR System」を日本向けに提供(日本IBM)

2010年9月13日12:50

日本IBMと米国のMojixは9月13日、「Mojix STAR system」の日本向け販売を開始し、日本IBMが 独占販売契約を締結したと発表した。 IBMのソフトウェアや関連するサービスとMojix製品を組み合わせることにより、日本の製造業、流通業、物流業をはじめとする業種・業界のユーザーは、サプライチェーンマネジメントや資産管理の分野において、従来のRFIDシステムでは実現が困難であった商品や人の広範囲な空間における存在検知やリアルタイム位置管理といったRFIDソリューションを構築することが可能になるという。また、日本IBMは、Mojix STAR Systemを稼働するために必要なハードウェア、ソフトウェア、アプリケーション、サービスを1つにして迅速な導入を可能とする「Mojix STAR System スターターキット」を9月13日から提供開始した。価格は2,000万円(税抜)。

日本IBMは、Mojix STAR SystemをIBMが提唱する「スマーター・プラネット」における“機能化(Instrumented)”を担うセンサーソリューションとして位置づけ、基幹システムとのシステム・インテグレーションや技術支援を行う。また、Mojix STAR Systemによって収集された膨大な現場データの分析サービス、企業間にわたるトレーサビリティ・サービスを展開するという。Mojix STAR systemは日本IBMが直接販売するほか、日本IBMのパートナー企業を通じて販売する予定だ。また、Mojix STAR System の日本での普及・推進を行う「Mojix STAR Systemパートナー・コンソーシアム」を10月に発足させるという。

page toppagetop