電動車両の保有者を対象としたポイントサービスを2017年2月から開始(東京電力エナジーパートナー)

2016年11月3日9:05

東京電力エナジーパートナーは、電動車両(電気自動車、プラグインハイブリッド車)の保有者を対象とした新たなポイントサービス「eチャージポイント」を2017年2月に開始する予定であると発表した。

20161103tepco

eチャージポイントのチラシ

「eチャージポイント」は、関東・中部・関西エリアにて同社の新しい電気料金プラン(スタンダード、プレミアム、スマートライフ、夜トクの各プラン)に契約している人が、対象車種である電動車両を保有している場合、ポイントが貯まる日本初のサービスとなる。Webサイトから同サービスに登録することにより、年間最大3,600ポイントを貯めることが可能だ。

ポイントについては、自宅での月間の電気使用量が300kWh以上の場合、「くらしTEPCO」の会員サイト上で300ポイント(1ポイント=1円相当)を提供。貯めたポイントはTポイントやPontaポイントとして、スーパー・コンビニエンスストア・レストランなどのお店やインターネットショッピングなどで利用可能だ。

なお、同サービスの提供に関し、11月2日までにトヨタ自動車、日産自動車、ビー・エム・ダブリュー、フォルクスワーゲングループジャパンおよび三菱自動車工業の5社と協力して、電動車両のさらなる普及を推進することについて合意している。

東京電力グループでは、1960年代より自動車メーカーと共同で業務用電気自動車の開発に着手し、1970年代より順次導入している。また、2005年以降は、電動車両が安心・快適に走行できる環境を整備するために必要な急速充電の技術規格「チャデモ(CHAdeMO)」の開発および国際標準化を図るなど、温室効果ガス排出抑制をはじめとした環境への取り組みの一環として、電動車両の普及を推進している。

page toppagetop