山梨県と三重県の「リサイクルステーション」で「NetMile Gift」の提供開始(ネットマイル)

2016年11月17日1:11

ネットマイルは、山梨県と三重県の「リサイクルステーション」計2カ所で「NetMile Gift(ネットマイルギフト)」の提供を11月中に開始すると発表した。リサイクルポイント200ポイントを200円相当、500ポイントを500円相当のNetMile Giftに交換できる。

「NetMile Gift」とは、200種類以上の交換先をもつポイント交換サービス「ネットマイル」のデジタルギフトサービスとなる。贈られた「NetMile Gift」は、そのまま自分のネットマイル(ポイント)に加算することが可能で、さらにポイント交換サービス「ネットマイル」で航空マイレージや現金・電子マネーなどに交換することもできる。「リサイクルステーション」は、環境思考が運営する資源回収システム。新聞紙・古雑誌・ダンボール・廃食用油・空き缶などのリサイクル資源を誰でも無料で持ち込め、さらに持ち込んだ資源の量に応じてポイントを付与する資源の集積場となる。「リサイクルステーション」の仕組みは単にポイントが貯まるだけではなく、カーボンオフセットの仕組みも導入している。

リサイクルステーションのポイントは、これまで地域の提携店で使える買い物券やカーボンオフセットへと交換できたが、「NetMile Gift」導入により、「ネットマイル」を通じポイントの交換先は200種類以上に拡大する。

まずは、総合リサイクルセンター黒田が運営管理する「森のエコステーション」(山梨県都留市)に設置されている「リサイクルステーション」と、三重県の2カ所で、「NetMile Gift」の提供を開始する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop