足利銀行がTポイントサービス導入(TPJ)

2016年12月22日16:20

足利銀行と株式会社Tポイント・ジャパン(TPJ)は、このほど業務提携を行い、栃木県の金融機関として初めてTポイントサービスを導入すると発表した。

すでにめぶきフィナンシャルグループ傘下の常陽銀行では、2016年4月1日よりTポイントサービスを導入しており、2017年1月4日から足利銀行の本支店でサービスを開始することにより、グループ全体の個人向けサービス向上につなげるもの。

Tポイント付与対象取引は、教育ローン・マイカーローン・フリーローンとなり、付与ポイント数は新規契約額10万円ごとに50ポイントとなっている。

足利銀行は、Tポイントサービス導入を通じて利用者の満足度向上につとめるともに、今後、Tポイント・ジャパンが保有するデータベースを活用したマーケティングの高度化を進めていく。

なお、Tポイントは6,102万人(アクティブ・ユニーク会員)が利用し、157社56万店店舗超におよぶ提携社で利用できる共通ポイントサービスとなる。足利銀行の営業地盤である栃木県は、県民の約5割が会員という保有率の高い県であるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop