HF帯リーダライタから無線で電力供給する電子ペーパーラベル(トッパンフォームズ)

2010年9月15日18:30

トッパン・フォームズは9月15日、表示部の厚さ0.4mmを実現した薄型電子ペーパーラベルに改良を加え、バッテリーレスで表示内容の無線書き換えが可能な電子ペーパーラベルを開発したと発表した。

今回開発した製品は、外部の13.56MHzのHF帯リーダライタから無線で表示データと電力を受け取り、書き換えを行う。厚みのあるバッテリーの搭載が不要となるため、通信を制御するコントローラー部の厚さを1.0mm以下に抑えることができるほか、電力残量を気にする必要がないなど、さらに使い勝手が向上したという。

同社では今後、バーコードラベルを利用して物流管理を行っている流通業界や物流業界を中心に同製品の提案を進め、2012年度中に20万枚の販売を目指す。また、10mを超える長距離の通信が可能なUHF帯を利用した製品など、電子ペーパーラベル製品のラインアップ拡充を進めていく方針だ。

page toppagetop