「honto」が「SHOPlier」とサービス連携開始、Pontaポイントからhontoポイントへ交換可能に(トゥ・ディファクト)

2017年2月27日19:30

トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型総合書店「honto」において、2017 年2月1日からリクルートライフスタイルが運営するポイントカードまとめアプリ「SHOPlier(ショプリエ)」とサービス連携を実施していると発表した。

利用者は、ショプリエに登録すると、hontoカードを持ち歩くことなく、店頭でアプリカードの提示をすることでhontoのサービスが利用できる。また書店に行くだけで、リクルートポイントが獲得できるチェックインポイントや貯まったPontaポイントからhontoポイントへの交換により、hontoポイントをお得に貯めて使えるようになった。現在リクルートポイントとPontaポイントが統合されている。

会員数380万人のhontoと数千万人のリクルート会員を店舗に送客するショプリエが連携することで、書店に来店してもらうきっかけを醸成すると共に本好き読者の利便性を向上し利用拡大につなげていきたいとしている。

連携サービスとして、書店に行くだけで、10ポイント分のPontaポイントが付与される。対象店舗は、「丸善丸の内本店」「丸善日本橋店」「ジュンク堂池袋本店」「MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店」「丸善ラゾーナ川崎店」の5店舗。

また、ショプリエで貯めた Pontaポイントをhontoポイントへ500ポイント、1,000ポイント、2,000ポイント、5,000ポイント単位で交換することができる。交換したポイントは、1ポイント=1円で、hontoサイトおよびhontoポイントサービス実施店で利用可能だ。

さらに、アプリ内でhontoカード番号とバーコードが表示されるため、店頭で提示する実物のhontoカードと同様にサービスが受けられる。対象店舗は、hontoポイントサービス実施店全店舗となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop