4月からポイントサービスを導入、広島地域に還元される「地産・地消型」を目指す(広島ガス)

2017年3月16日18:30

広島ガスは、2017年4月1日から、ポイントサービスを導入すると発表した。同サービスは、広島地域で発行し、広島地域に還元される「地産・地消型」を目指したポイントサービスとなるそうだ。

Web会員サイトに入会し、かつガスを家庭用として使用した人を対象に、ガス料金の支払額などに応じてポイント「広ガスポイント」が貯まり、広島県の地元特産品などへの交換や地元店舗などで使用できるクーポン券「広ガスクーポン」に交換できるという。

広島ガスでは、2017年1月10日にWeb会員サイト「MY HIROSHIMA GAS」を導入。同社の都市ガス利用者がWeb会員サイトに入会すると、前年度とのガス使用量・料金の比較が確認できる。また、メールによる、月々の検針完了の知らせのサービスを利用できる。

そのほか、くらしの悩み・困りごとに対応するために生活関連サービス「広ガスくらしサービス」を提供するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop