仙台銀行が取り扱う金融商品でTポイントサービスを導入へ(TPJ)

2017年5月16日12:37

仙台銀行と、Tポイント・ジャパン(TPJ)は、このほど、ポイントサービスにおいて業務提携したと発表した。

今回の業務提携により、仙台銀行が取り扱う金融商品に対して、2017年6月をめどにTポイントサービスを導入するという。なお、今回の提携は宮城県内の金融機関として初めての取り組みとなる。

なお、Tポイントは、日本の2人に1人にあたる6,233万人(2017年3月末時点、1年間に利用した名寄せ後の利用会員数)が利用し、168社64万店舗で利用可能な共通ポイントサービスとなる。

仙台銀行が本店を置く宮城県において、Tカードの利用者は宮城県人口の44.9%にあたる105万人となり、1,158店舗でTポイントが利用可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop