サトーがFeliCa Lite対応のラベルプリンタをPR(自動認識総合展)

「L’esprit(レスプリ)VシリーズRFID」

2010年9月22日10:42 サトーはFeliCa Lite対応のラベルプリンタ「L’esprit(レスプリ)VシリーズRFID」をPRした。同社によるとFeliCa Lite搭載のラベルプリンタは業界で初になるという。

ラベルに内蔵したFeliCa Liteチップ

同端末はFeliCa Liteの固有機能に対応。プリンタの内部にFeliCaのリーダライタモジュールを搭載している。FeliCa Liteの一次発行やブロック単位でのリードオンリー設定に対応し、IDm返送機能により上位データベースと紐づけを簡素化している。 形状としては、ラベルやリストバンド、チケットなどに対応することができるという。ラベル1枚あたりの価格も300円以下で提供可能とのこと。用途としては、社員証・学生証、会員証、ポイントカード、アミューズメント施設や公共施設の入場チケットなどを想定している。

おサイフケータイをタイムレコーダーにすることで低コスト、かつスムーズな出退勤のデータ収集を行う

会場ではおサイフケータイをタイムレコーダーに利用した出退勤システム、FeliCa Liteをチケットに搭載することで不正入場を防止するデモを実施した。 同プリンタは9月15日から販売を開始しており、サトーではプリンタメーカー、サプライメーカーとしての強みを生かし、営業活動を行う方針だ。

■展示会レポートトップへ

page toppagetop