サークルK・サンクス店舗にて「Tポイント」サービスを開始、楽天スーパーポイントは終了(ファミリーマート)

2017年7月6日15:21

ファミリーマートは、2017年8月1日からサークルK・サンクス店舗にて「Tポイント」サービスを開始すると発表した。なお、現在サークルK・サンクス店舗で利用可能な楽天スーパーポイントは2017年9月末をもってサービスを終了する。

ファミリーマートでは、2007年から「ファミマTカード」を展開し、現在会員数は1,200万人を超えている。またT会員全体では6,300万人おり、今回のTポイントサービス導入により、全国のT会員の利便性がさらに高まるとともに、約1万8,000店のデータを活用し、個々の会員に最適なアプローチを図り、地域特性や顧客の嗜好、ライフスタイルに合わせた、きめ細やかなサービスの提供を行うという。

また、今回のTポイントサービスの導入を記念し、8月1日から、サークルK・サンクス店舗でTカードを提示してお買い物するとTポイントが毎週抽選で当たる「Tポイントスタート記念キャンペーン」と、専用サイトでくじを引いて、サークルK・サンクス店舗もしくはファミリーマート店舗でTカードを提示してお買い物すると抽選でTポイントなどが毎日当たる「ファミリーマート・サークルK・サンクス合同くじ!」を同時開催する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop