洋書の個品管理を実現した凸版印刷のUHF帯ICタグシステム(自動認識総合展)

2010年9月22日11:50

凸版印刷、トッパンフォームズ、トッパンTDKレーベルのブースではICカードやICタグ関連の製品、ソリューションが数多く展示された。

洋書に添付したUHF帯ICタグ。紀伊国屋では洋書全商品にICタグを貼りつける予定

注目を集めたのが紀伊國屋書店で採用された書籍管理のシステムだ。紀伊国屋書店では洋書の背表紙にUHF帯ICタグを添付している。

洋書は輸入時期の為替レートにより同じ書籍でも価格が異なるが、ICタグを利用することにより個別の管理が可能となった。また、検品や棚卸業務の効率化を実現しているという。

なお、ICタグは凸版印刷とトッパンフォームズが開発。ラベラーはトッパンTDKレーベルが提供している。

■展示会レポートトップへ

page toppagetop