凸版印刷がMifareとUHF帯ICタグの2チップ搭載カードを展示(自動認識総合展)

2010年9月22日13:25

凸版印刷はMifareとUHF帯ICタグの2チップを搭載したカードを展示した。

2チップの通信干渉を抑えることで2チップ搭載カードを製品化した

同社ではセキュリティが必要な部分ではMifareを使用し、さほどセキュリティが必要ない用途ではUHFを使用したソリューションを考えている。

例えば、入退出などのセキュリティが必要な部分はMifareをかざすことで行い、工場などの作業時にはUHFをリーダ側が検知することで、荷物を持ったままハンズフリーで対応するなどの用途を想定している。

価格は1,000枚で100円を切るという。

■展示会レポートトップへ

page toppagetop