富士通フロンテックがUHF帯物品管理ソリューションをPR(自動認識総合展)

2010年9月24日6:50

システム規模、管理形態に合わせて4タイプをラインアップ

富士通フロンテックは新開発のUHF帯超小型金属タグを使用した「UHF帯物品管理ソリューション」を展示した。

棚卸、貸出/返却処理の迅速化、不正持ち出し監視など、物品管理業務の合理化に貢献するという。

ハード、ソフト、ICタグをオールインワンで提供し、システム規模、管理形態に合わせて4タイプをラインアップ。同社では9(W)×9(D)×3.7(H)mmの超小型金属タグを開発。ノートパソコンなどにも取り付け可能であるという。

■展示会レポートトップへ

page toppagetop