長野県信用組合でTポイントサービス導入(TPJ)

2017年9月11日12:18

長野県信用組合とTポイント・ジャパン(TPJ)は、このほど、Tポイントサービスに係る業務提携を行い、2017年9月11日からサービスを開始したと発表した。今回の取り組みは、長野県内金融機関で初めてのTポイントサービス導入となる。

スマホアプリ「スマホ窓口」による普通預金口座開設でTポイント200ポイント、新規での給与振込口座の指定(5万円以上の振込みが対象)で400ポイント、新規での年金振込口座指定で400ポイントを付与するそうだ。

Tポイント・ジャパンが提供するTポイントは、6,373万人が利用し、175社72万店舗超で利用できる。また、長野県においては、長野県人口の43.6%にあたる92万人がTカードを利用している。

長野県信用組合はTポイントサービスの導入により、顧客満足度の向上を図るとともに、同組合で貯めたTポイントを地域のTポイント提携店で利用してもらうことにより、地域経済の活性化に貢献していきたいとしている。

なお、9月11日~10月31日まで、対象取引については、通常ポイントにキャンペーン特別ポイントを加算して、Tポイントを付与するのキャンペーンを実施するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop