2018年1月より「大阪王将」でTポイントが利用可能に(イートアンド/TPJ)

2017年10月3日18:51

全国に飲食チェーンを展開するイートアンドと、Tポイント・ジャパン(TPJ)は、このほどポイントプログラム契約を締結したと発表した。2018年1月17日より、イートアンドが運営する「大阪王将」にてTポイントサービスを開始する予定だ。

今回の提携により、Tカードの利用者は、「大阪王将」の対象店舗で200円(税別)につき1ポイントのTポイントを貯めることができ、「大阪王将」でのお会計時にTポイントを1ポイント=1円分として使うことが可能になる。

イートアンドでは、顧客のニーズや多様なライフスタイルに適したサービス提案を実現するため、Tポイントサービスを導入することで、Tポイントのデータベースを活用したCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)や販促の最適化に取り組んでいくという。

なお、Tポイント・ジャパンが提供するTポイントは、日本全国で6,408万人が利用する共通ポイントサービスとなる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop